健康診断で自動血圧計から水銀血圧計に変えてくれた

By | 2022年1月23日
Pocket

健康診断での血圧測定は、自動血圧計が圧倒的に多いと思います。しかし、自動血圧計は通常より数値が高く出るように感じてなりません。メーカー側は使用方法が適切ではないと説明していますが、私が通っているクリニックでは、診察室に自動血圧計もありますが、白衣高血圧症である私に対しては、主治医は必ず水銀血圧計と聴診器で測ってくれます。

昨年の勤務先の健康診断で新しい発見がありました。例年どおり、自動血圧計で測って高い数値が出たあと、「それならこっちで測ってみましょう」と水銀血圧計に変えてくれたのです。長年健康診断を受けていますが、会場でこのような対応をしてくれたのは初めてです。そんなことがあるのかと、目から鱗でした。

「健康診断で血圧測定をしているのは誰か」で書いたとおり、自動血圧計での測定は医療行為ではないことが明確になっていますが、水銀血圧計はまだ看護師でないと出来ないのではないでしょうか。このため、昨年は看護師の方が担当だったのかなと思います。その方曰く、「頼めばこっちのほうで測ってもらえるはずですよ」だそうですが、本当でしょうか。

精神的なものかも知れませんが、私は自動血圧計より水銀血圧計が圧倒的に信頼感があり、その結果数値も多少マシになります。ダメもとで皆さんもお願いしてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です